ホワイトニングなどできれいな歯を~笑顔でピカっと光る歯~

MENU

キレイに矯正

装置に工夫を施すメリット

矯正歯科治療の中でもポピュラーな表側矯正ですが、審美的にもう少し優れたものを選びたいという場合には表側矯正に使用されている材質を変更することで審美性を高めることができます。 表側矯正に使用されるものはワイヤーとブラケットとなります。歯の1つ1つにブラケットを装着し、ワイヤーを通す必要があるためそれぞれをクリアタイプのものに変更することで審美性を高めることは十分可能です。材質を変更することでコストは多少かかってしまいますが、少しでも審美性を高めたいという方にはおすすめの方法となります。 このような矯正装置に工夫を施すことで、さまざまな付加効果を加えることが可能です。不正咬合の症状によっては選べる装置が限定されてしまうこともあるので、医師と相談して決めましょう。

人気のある矯正装置とは

矯正歯科治療にはセルフライゲーションシステム矯正という装置があります。基本的構造はマルチブラケットとそれほど大差はありませんが、一番の違いは歯に加える力の差です。 マルチブラケットなどはブラケットなどを固定するためにゴムなどを使い力を加えます。この時に歯に与える力が強くなるため、歯と歯の摩擦が生じてしまいます。セルフライゲーションシステム矯正では、このゴムを使用しないことでゆるやかな力で歯を矯正します。これにより歯と歯の摩擦が生じにくく、痛みを感じることなく矯正歯科治療を続けることができるのです。 また、この考え方をローフォース・ローフリクションと呼び、ゆるやかな力の方が歯が矯正されやすいということが判明しています。よって、治療期間も従来の装置と比べて短縮され、人気のある矯正歯科治療法となっているのです。